不定愁訴

不定愁訴とは・・・

器質的な疾患がないにも関わらずさまざまな身体症状を訴えるものを言いう。めまい、倦怠感、頭痛、腹痛といった身体的な症状があるにもかかわらず、検査をしても数値上異常がなく、明らかな原因がわからない場合、「不定愁訴」と診断されることがあります。

ですって。

数年前に、メンタルケア心理士の資格をとったんだけど。

こういうこと、勉強したんだけど。

忘れているじゃないか。

今、メディカルアロマインストラクターの資格をとるために

勉強を始めたところだけど

不定愁訴という言葉が出てきて

あー。。。あれね。。えっと。。あったね。。。

ぐらいな感じで。

この記憶力の低下は不定愁訴ではないんだな。

物忘れ外来へ行けってか。

いや。物忘れとも違うね。

色々資格をとっても

実際に活用してないと

ほんっと忘れちゃいますね。

後々、自分でサロンを開くことがあれば

心理学的なことも必要になってくるのかなぁと思って勉強したんだけどね。

カウンセリングというよりも

精神疾患や身体疾患、薬剤の勉強だったな。

時間ができたらちょいとテキストを見直してみようっと。

しかし、今日は自分のダメダメさにドン引き。

じっくり考えるということができなくなってるというか

頭が回らないというか・・・

ちょっと考えればわかるやろ。

ってことがわからない。

常に頭の中がぼんやり。

ヤバいかも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする