主人の悪行。その6

主人がお義母さんに宛てたメールを見てしまって

悪行発覚から主人との会話はメールでだったけどもー

この時ばっかりは我慢できずに

息子くんが寝静まってから

直接、話をした。

なぜ嘘をつくのか?

風俗に行ったことよりも

白状するチャンスを何回も与えたにも関わらず

平気で嘘をつき通したのが嫌だったって言ったでしょう?

なのになぜそんなことで嘘をつく?

なぜに嘘を重ねる?

今回だって、何回も

お酒が飲みたいから帰ったんでしょう?と聞いたやろが。

「お酒を全く飲まないのは無理だ。」

と言ってきた。

そんなことはわかっとう。

お酒を辞めれるわけがなかろう。

辞めれるとは思ってない。

そういうことを言ってるんやない。

嘘をつくなと言っているんだよ。

つか、ばれるような嘘をつくなよ。

この期に及んでも嘘をつく・・・

いったいあなたはどうしたいのか?

と聞いてみた。

「元に戻りたい。」だと。

元に戻るってどういうことかわかりますか?

嫌な思いをさせられた方が

精いっぱい頑張って自分の気持ちに折り合いをつけて

乗り越えて、我慢して。

私が努力せないかんのよ?そんなんおかしくないか?

と申し上げたところ・・・

「努力してほしい。」と・・・

なんだよそれ。

他力本願かよ。

自分は努力するどころか

嘘を重ねて、自分の欲望の赴くままに行動して

さらに嫌な思いをさせておきながら

私には努力してほしいとか・・・

できるか。ぼけ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする