主人の悪行。その4

平日は、主人が帰って来る前に寝てしまうという策に出た私ですが

悲しいかな。休日がやってきた。

さて。主人の出方を伺おう。

何もしない。私に話しかけることもない。

私の顔色をうかがっているようではある。

明らかに、私が何か動き出すのを待っている様子。

めっちゃ腹が立つ。

私が何か行動を起こさない限り

こいつは下を向いて、息子くんと話すのも小声で

卑屈な態度を取り続けるのだろう。

なぜ私がこの空気を打開しなければならないんだよ。

するか。そんなもん。

「買い物に行ってくる。」と

息子くんも置いて

私一人で出かけた。

買い物自体、そんなに時間はかからない。

でも、すぐには帰りたくない。

久々に、美容院に行くことにした。

ほんと。何か月ぶりだろう。

この時間は、やっぱり癒される。

若いころみたいに

美容院に行ったからと言って

綺麗になるわけではないけどさ。

美容院も終わり

これからどうしようかね~と思っているところへ

主人からメールが。

「息子くんが、お母さんはまだ帰ってこないのか?と聞いています。

いつ帰ってきますか?」だと

息子くんも

今までとは何かが違うお父さんとお母さんの空気を感じ取っているのでしょうかね

そろそろ夕飯も作らないといけないし・・・

帰ろうかな。

何があっても、ご飯を作らないといけない

主婦って大変なんだぞーーー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする